コミュニケーションのきっかけに

アルバイトを始めると、改めて働く大変さを認識することになり、ご両親に対して感謝の気持ちが生じる方も多いことでしょう。その感謝の気持ちを形にして伝えたいと思う方もいるはずです。そのため、初めてのお給料で親孝行のプレゼントをするという方も増えてきています。しかし、その時にどのようなものを贈ればよいのかという事は大きな悩みどころです。普段からご両親と密にコミュニケーションをとっていれば、好きなものの傾向や欲しいものなどがすぐに思い浮かぶかもしれません。しかし、そういったコミュニケーションが薄いままにきてしまった場合、突然何かをプレゼントしようとしても難しくなってしまうことがあるものなのです。

そのような場合でも、まずは気持ちを示すために何か無難な贈り物をしておくとよいでしょう。商品券やお金などよりも、できれば物として残るものが良いですね。その上でご両親の好きなものをチェックしておき、改めてプレゼントし直すというのも一つの方法です。たとえ使わなかったとしても、子供からプレゼントされたものだという記憶は親の中に残ります。それは大きな贈り物であるといえるのではないでしょうか。働いている父親ならネクタイ、母親ならハンカチやポーチなどささやかなものでもよいでしょう。喜んではいないように見えても、心の中ではうれしく思っていることも多いものです。

ものを贈るという事自体を目的にするのではなく、それをきっかけにしてコミュニケーションを積極的にとるようにする、という事が結果的にこれからの親孝行へとつながっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です